ファッションによって変えるカラコンの色

256_original.jpg

カラコンのメリットはファッションによって色を変えることができるということです。
瞳の色は生まれ持ったものでもあるので、簡単に変更をすることができません。

しかし、カラコンを装着すれば、それだけで雰囲気をチェンジすることが可能となるのです。
中には髪の色をチェンジしたときに瞳の色も変えたいと思う人もいます。

簡単に瞳の色をチェンジをすることができるものですので、オシャレの幅も広がってくるのです。
種類が豊富なのも良いです。

ファッションに合わせてカラコンの色選び。

カラコンは、色々な色や柄があります。色はブラック系、ブラウン系、グレー系、ブルー系、パープル系、レッド系、グリーン系、イエロー系、シルバー系などなど豊富にカラーがあります。ファッションに合わせて色を選んだりできます。シンプル、ナチュラル系には、ブラックやブラウンを合わせたり、パーティー、イベント系には、ブルーやグレーなどの色を合わせたり、簡単にイメージチェンジができます。また、髪の毛の色に合わせて、カラコンの色を選ぶこともできます。

色柄選べるカラーコンタクト

一昔前までは、コンタクトレンズと言えば、視力を矯正するものであり、ファッションの一部として、今ほどとらえられてはいませんでした。たしかに、度がきつく、レンズの厚いメガネなどに比べれば、ファッション性はあったかもしれません。ここ最近はカラコン(カラーコンタクト)なるものが、世に出現し、視力が悪くなくとも、カラコンを付けることが、主に若い女性を中心にファッションの一部としてとらえられています。また、ただ単に黒めの部分の色を変えるだけでなく、柄が入っているものも登場してきています。しかし、これらのカラコンの中には医師の処方箋や指導なく、使用するものも多々あり、目の健康被害が危ぶまれています。

柄のカラコンもファッションの一部

カラコン大ブームの昨今、裸眼でいることが恥ずかしいと思う若者が急増しています。
人気モデルや、有名な芸能人がプロデュースする商品も数多く見られます。
店頭や、通販などで簡単に購入できることもうれしいそうです。
コンタクトと言えば、眼鏡の変わり、目の悪い人のものという概念がありますが、もはやその考えは大昔のことのようです。
ファッションの一部として使用している若者が増え、今はコンタクトの大きさから色、柄なども選べます。

カラコンの種類

今やカラコンはファッションの一部とも言えるくらい、若者を中心にたくさんの人達に普及しています。元々は瞳の部分がグレーやブルーやブラウンなどの色が入ったものだけだったのが、最近はサークルレンズと言われる、黒目を一回り大きく見せるタイプのものが人気です。種類も、2週間使い捨てタイプから、一日使い捨てタイプまで様々です。さらに一般のコンタクトレンズのように、うるおい成分配合のものや、酸素透過率が高いものなど、瞳に対しても優しいものが増え、より安全になってきています。

ファッション性が高いカラコンの種類

カラコンにはファッション性の高いものが豊富に揃っていて、色はブラックやレッド、ピンク、グレー、ブルー、ブラウン、パープル、ホワイトなどがあります。

ブラウンは日本人の目の色に近い色で、ナチュラル印象になり目を大きく見せることができます。ブルーは神秘的な印象になり、クールな女性にイメージチェンジするには最適です。カラコンは色によっていろんなイメージを楽しむことができます。

デザインとしては、フチありやフチなし、グラデェーション、マジックレンズなどがあります。度ありワンデーカラコンいいね!